指定難病にもなっている後縦靱帯骨化症を治そう

専門医師へ

靭帯が国家する事で発症する病気は、神経を圧迫する危険性があり、運動障害を引き起こします。診断はX線、レントゲンで行なわれます。手術も難しく、神経症が無い場合は手術をしないこともあります。

» readmore

心筋梗塞のリスク

心筋梗塞に治療は、薬物による療法が行なわれます。心筋梗塞は重篤な症状に陥ると、死亡してしまう事がある病気です。薬物と、運動リハビリテーションを合わせた治療法が行なわれます。

» readmore

身体の重篤な病

後縦靭帯骨化症の疫学

椎体の後壁にあってこれを縦方向に連結する後縦靭帯が一部または全体的に骨化変性を起こす疾患である。後縦靱帯骨化症は日本では1960年に報告されその後まれな疾患でないことが明らかとなってきている。疫学的にも東南アジアを中心に多く欧米では少ない、50代以上の男性に多いのも特徴である。部位別では頸椎部は男性に、胸椎部は女性に多く、他の脊柱にある靭帯(黄色靭帯、前縦靭帯など)の骨化を合併する頻度が高い。家族集積性が高く、耐糖能異常やカルシウム代謝異常などとの関連性がある。遺伝や代謝異常など全身的因子を背景とした、より包括的な疾患として脊柱靭帯骨化症とも総称される。気をつけておきたいこととして、日常生活では転倒には十分注意する、わずかな外力でも重篤な症状に繋がる危険性がある。

症状と診断と治療について

後縦靱帯骨化症は骨化があっても脊髄を圧迫するに至ってない場合には無症状であることが多い。小さな骨化であっても脊柱管狭窄症を生来有していると、早くから症状を呈する。症状は基本的に脊髄の圧迫性障害である。多彩な神経症状を取りうるが病変部位によって複雑な様相を呈する。後縦靱帯骨化症の診断は単純X線写真にて帯状の石灰化像が認められて簡単に見出すことが出来る。頸椎の後縦靱帯骨化症と同時に胸椎および黄色靭帯骨化症も見逃さないように注意する必要がある。治療法は無症状と有症状で対応は異なり、経過観察、安静で済む場合もある。ただし激しい頚に負担のかかる運動や上を向いての長時間の作業や重たい荷物の運搬は避ける必要がある。後縦靱帯骨化症は今年から指定難病となり、医療助成の対象疾患にもなっているので、医療費の負担は少なくなったのは朗報である。

メディアでも取り上げられた、実績豊富なドクターです。手術の難易度が高いとされる、聴神経腫瘍の治療はぜひ当院へご相談ください。

がん治療の進化

がんの治療方法も進化してきており、外科手術、や抗癌剤による治療がありますが、これらは副作用や負担が大きい治療方法です。副作用の無い代替医療として、NK療法と呼ばれる療法があります。

» readmore

腫瘍と治療

腫瘍が生ずる病の治療法としては、腫瘍のサイズが治療法を分ける要素となります。比較的進行もゆっくりである聴神経腫瘍ですが、合併症の危険がある病気です。セカンドオピニオンを活用して、治療を進めるのがベストです。

» readmore

↑ PAGE TOP