指定難病にもなっている後縦靱帯骨化症を治そう

がん治療の進化

NK療法の効果

今まで癌の治療は主に、外科的手術、抗がん剤治療、放射線治療の3つが主流でした。しかしこれらの治療は副作用も強く、患者の負担が非常に大きい治療ともいわれており、進行がんや末期がんの患者にとってはこれらの治療をしたことで、かえって副作用が強く出て寿命を縮めることも起こっていました。 そこで最近では患者の負担をより軽減し、副作用のない治療方法が注目されるようになりました。それはNK療法と呼ばれる治療です。 NK療法とは免疫治療のことを指し、自然免疫系のナチュラルキラー細胞を体内で増殖することによって、体内の免疫力を強くして、悪性腫瘍を攻撃します。NK療法ではほとんど副作用がないため、患者の身体的、精神的負担も少なく治療ができるとして、とても画期的な治療法として注目されています。 NK療法の登場によって癌治療はより負担が少なく効果的な治療ができるようになったのです。

NK療法を行うには

がんの治療は様々な治療法がありますが、NK療法はがんに効果的な免疫療法の一つです。 NK療法はナチュラルキラー細胞という人間が本来持っている自然免疫の一つであり、この細胞を活性化することにより、がん細胞を撃退することができるようになります。 このNK療法を行いたいと思った場合は、専門のクリニックなどで行うことができます。しかし、がんのタイプによっては、NK療法ではなく他の治療法で改善することができることもあるため、まずはがんの状態がどのくらいなのかといった検査を行うことになります。また、NK療法を行えば、100パーセントがんが治るというわけではないということなので、多くのがん治療の有力な治療法の一つであると考えておくとよいでしょう。