指定難病にもなっている後縦靱帯骨化症を治そう

専門医師へ

重篤度に応じて脊椎専門医師へ

後縦靱帯骨化症は、椎体と呼ばれる骨の後方にある靭帯が骨化する病気です。骨化する事によって脊髄や神経根の圧迫をきたし神経症状を発症させることがあります。神経症状には感覚麻痺やしびれ、運動障害などが挙げられますが、骨化の拡大程度や範囲伸展度、個人によっても異なります。 これらの神経症状が現れた場合、整形外科の受診が一般的です。レントゲン検査やX線CT、MRI検査の結果によって確定診断が行われます。後縦靱帯骨化症は経過観察を必要とする為、まずこれらの装置が整った整形外科を受診する事が重要です。検査をするたびに他医療機関へ紹介してもらい、治療はかかりつけにて行う事は負担がかかるだけになります。 重篤な神経症状がある場合には、手術を行うかどうかという医師の判断が必要になります。ある程度統一された判断基準が設けられていますが、手術を行うのは脊椎専門医となります。診断を下した医師が脊椎専門医でない場合には紹介という形になりますが、自身による積極的なセカンドピニオンも重要となります。担当医師に相談する事で紹介状を書いてもらえるものであるため、積極的な相談が望まれます。

後縦靱帯骨化症における手術適応の判断

後縦靱帯骨化症は難病の特定疾患です。しかし、難病といっても多くの方が後縦靱帯骨化症と診断されているのが現状です。後縦靱帯骨化症と診断されていても、中には神経症状が無い、日常生活に支障をきたさない程度の方も多く存在するのです。 手術が適応判断には、脊椎症脊髄症治療成績判断基準など点数を用いて判断するケースが多いです。 手術には、脊柱管を拡大する椎弓形成術や金属を固定する前方固定術などがあります。しかし、後縦靱帯骨化症の手術自体、脊髄を傷つけてしまうリスクの高い手術である為に、慎重な手術適応判断が下されます。また患者の年齢や全身状態などによって手術の適応をはじめ、手術の方法を決定するものとなります。 現在の後縦靱帯骨化症では、主流となる手術方法は一切なく、患者に適した手術、患者に手術が必要であるかどうかの判断などをを重点的に治療が行われているのです。