指定難病にもなっている後縦靱帯骨化症を治そう

心筋梗塞のリスク

心筋梗塞の病態について

心筋梗塞とは心臓に流れる血管が詰まり、心臓を構成する細胞が壊死する事により激しい痛みや機能障害をもたらす病気です。重篤な症例では死に至る場合があります。 心臓は全身に血液を送り出す重要な器官です。そのため、大動脈や大静脈など太い血管と繋がっているのですが、心臓そのものに血液を循環させる環状動脈というものがあります。心筋梗塞ではこの環状動脈の血液の流れが詰まる事により発生します。 環状動脈が詰まる理由としては2種類があります。一つめはコレステロールなどの不純物の付着により血管内腔が狭窄していく状態、二つめは四肢の末梢部分でできた血液や脂肪、空気の塊が心臓に流れて血管を詰まらせてしまう状態。一つめは狭心症と呼ばれ、二つめが心筋梗塞と呼ばれます。

治療と運動リハビリテーション

心筋梗塞の治療は薬物療法が主体となります。血管を詰まらせる原因となる物質の除去が必要であり、血栓などを溶解させる薬を服用する必要があります。また、血栓が一度発生した場合、今後も発生するリスクが高いため、予防的に服用を行う必要がある場合もあります。 この際、薬物療法と並行して行われるのが運動リハビリテーションです。血栓ができやすい原因として血液循環の低下があります。心臓機能に適度な負荷をかけて循環機能を向上させることで血液循環を高め、血栓の発生リスクを低下させます。また、運動リハビリテーションは血管壁の柔軟性を向上させ高血圧リスク、コレステロールなどの不純物が滞積するリスクを軽減させ心臓疾患全般についてリスクを軽減させる事ができます。